• ホーム
  • ニキビ治療薬であるアジダームクリームの正しい使い方とは?

ニキビ治療薬であるアジダームクリームの正しい使い方とは?

肌をきれいにしたい女性

アジダームクリームは、有効成分アゼライク酸が配合されたニキビ治療薬です。日本では承認されていない薬ですが、アメリカではニキビ治療薬として一般的に使用されています。思春期ニキビと大人ニキビのどちらにも有効で、通常は使用してから数週間から数か月で薬の効果が現れます。

有効成分のアゼライク酸には、皮脂の分泌を抑制する作用や殺菌作用があります。そのため、毛穴の詰まりを防ぎアクネ菌の増殖を抑え、ニキビが悪化するのを防いだり、ニキビを予防したりできます。また、アゼライク酸にはメラニンの生成を抑制する作用もあるため、ニキビ跡の色素沈着やニキビの赤みの改善も期待できるでしょう。アゼライク酸はもともと美白のために開発された成分なので、美白効果も得られます。

アジダームクリームでニキビを改善するには、正しい使い方を知っておく必要があります。使い方が間違っていると、せっかくの効果が半減してしまうこともあるからです。基本的なこととしては、汚れた手で塗ると雑菌がつきニキビを悪化させる可能性もあるため、清潔な手で塗るようにしましょう。もちろん、洗顔後の清潔な肌に塗ることも必須です。

使用回数は1日2回で、朝晩に使用するのが理想的です。化粧をする場合は、洗顔後に化粧水と乳液で肌を整えた後にアジダームクリームを塗り、その上からメイクをします。アジダームクリームは硬めのテクスチャーなので、厚塗りにすると化粧がよれやすくなるので気をつけましょう。また、たくさん塗ったからといって治りが早くなるわけではありません。1回につき1グラム程度の使用量で充分です。

アジダームクリームは一般的に病院で処方されるニキビ治療薬よりも肌への刺激が少ないため、肌が弱い人でも使用できます。肌も乾燥しにくく、肌トラブルを起こしにくいのが特徴です。しかし、まったく副作用がないわけではなく、かゆみや刺激、ほてりなどを感じることもあります。その場合は、塗る回数を2回から1回にしたり、塗る量を少なくしたりして対処すると良いでしょう。

アジダームクリームを使う時の注意は、顔以外の場所に使用しないことです。顔の中でも、特に肌が敏感な目の周りや口の周りへの使用は禁じられています。そのほか、アジダームクリームと同じような効果がある化粧品や薬と併用すると、肌が乾燥することもあります。これらのことに気をつけると、アジダームクリームを安全に使用できるでしょう。