• ホーム
  • ニキビの改善に効果的!ケミカルピーリングってどんなもの?

ニキビの改善に効果的!ケミカルピーリングってどんなもの?

ケミカルピーリングは、肌表面にグリコール酸やサリチル酸などを塗り、肌表面の角質や毛穴の中に詰まった汚れを溶かしニキビの改善・予防をしたり、肌の生成力を高めたりする施術です。古い角質をなくし肌のターンオーバーを整え、肌トラブルを起こしにくい肌へ近づくこともできます。しわやしみの治療としてエステサロンでも行われていますが、ニキビ治療としては皮膚科やクリニックでしか行うことができません。

酸の種類によっても効果が異なり、最も一般的に使用されるグリコール酸は、殺菌力が高くさまざまなタイプのニキビに高い効果を発揮します。サリチル酸は角質層のみに作用するため、刺激が少なく肌が弱い人に向いている酸です。乳酸はニキビ治療だけでなく美白効果もあるため、ニキビ跡の黒ずみを解消するのにも適しています。医師と相談して、自分に合うタイプの酸を選ぶのが良いでしょう。

ケミカルピーリングの特徴は、痛みが少なく苦痛を感じずに受けられる治療であることです。また、顔や背中、デコルテなどさまざまな場所に施術できるため、顔のニキビだけでなく体ニキビの治療も行えます。サリチル酸以外は、施術後すぐにメイクをすることも可能です。ただし、1回の施術でニキビがなくなるわけではなく、平均して6回から10回の施術が必要となります。ケミカルピーリングは保険外治療であるため、1回にかかる費用は5000円から7000円が相場です。3万円から7万円の治療費がかかると見積もっておくとよいでしょう。グリコール酸は2週間に1回のペースで、サリチル酸は1か月に1回のペースで施術を受けることになります。さらに効果を高めるために、レーザー治療と組み合わせることもあります。

ケミカルピーリングを受けるうえで注意することは、施術後は肌が敏感になっているので保湿に気をつけることです。紫外線の刺激も受けやすくなっているため、外出する時は日焼け止めを塗ったり、帽子をかぶったりするなどして肌を守る必要があります。

また、皮膚科で受ける施術以外では、市販されているピーリング剤やピーリング石鹸を使って自宅でケミカルピーリングを行うことも可能です。ピーリングジェルを塗ってしばらく放置したあと洗い流したり、ピーリング石鹸で洗顔したりするだけで、古い角質や毛穴の汚れを除去することができます。皮膚科で受けるケミカルピーリングよりも酸が弱いため効果は薄くなりますが、続けることでニキビの改善が期待できるでしょう。